バーリング加工、グルービング工法

バーリング加工とは

バーリング加工

「バーリング加工」とは、母管に穴を開けてコマ絞り加工を行い、パイプと一体化した枝管を作り出し、チーズ継ぎ手を必要としない加工のことです。

「バーリング加工」の特徴は枝管のつば部分のアールが滑らかで流動性に優れ、チーズ継ぎ手のコストの削減、溶接部分の腐食や品質不良リスクの低減を可能にします。
また、「バーリング加工」は溶接作業から発生する溶接火花の飛散、有害ガスの発生、熟練溶接工の不足も解消します。

弊社は平成20年度より「バーリング加工」を導入し、新菱冷熱工業(株)、(株)大気社、三機工業(株)などの大手サブゼネコン様より施行をお任せいただいております。弊社の「バーリング加工」は、「ジャストフレア工法」と同じように大手サブゼネコン様より高い評価をいただいております。

バーリング加工
バーリング加工

グルービング工法

グルービング加工とは